歯列矯正 大阪のTOPの解説

ホーム>歯列矯正 大阪のTOP

歯列矯正 大阪のTOP

歯列矯正にできること

歯科治療の口コミや評判が気になる方へお勧めなのが以下のサイトです。

すきっ歯(正中離開、空隙歯列)の特徴と原因は?

歯列矯正の説明

歯と歯の間に隙間が生じている状態を言います。 最も多いのが、上の前歯の中心に2ミリ程度の隙間がある「正中離開」というケースです。
次に歯の形が小さく、円錐型や栓状型に変化してしまった「矮小歯」という歯の形態異常から起こる隙間となります。主な原因は歯と顎のサイズに不調和がある(歯が小さい、顎が大きい)、または歯の数が少なくて生じる隙間となります。
その他、軟組織(上唇小帯)の付着異常、埋伏過剰歯、舌癖なども原因のひとつです。

治療方法は?

隙間のみのケースの殆どは、ラミネートベニア法 にて短期間で改善します。この方法は歯の表面約0.5ミリ削り、そこにセラミックのシェルを接着することで、歯の隙間や色を改善します。2回の通院で痛みなく、自然な感じに仕上がりますので審美歯科領域において主流となっております。耐久性や強度においては天然の歯と同等ですので、変色したり外れることはありません。
※隙間だけでなく、歯並び(出っ歯、捻転歯など)や歯の形(巨大歯)も同時に治す場合にはセラミッククラウン法(差し歯)または歯列矯正で治療可能です。

歯並びの治療には歯列矯正が一般的ですが、矯正には1年以上の治療期間がかかります。
お急ぎの方、全体的な矯正が必要でない方、歯の色や形も気にされている方はトータルで審美的に治療できるセラミッククラウン法(差し歯)がおすすめです。
治療に関してお悩みの方は、無料カウンセリング無料メール相談を行っておりますのでお気軽にご相談ください。


歯列矯正の説明

歯列矯正のメリットは歯に直接装置を取り付け、3週間から4週間に一度のペースで調整し、2年から3年前後の時間をかけて、正確な位置に歯をゆっくりと移動させて歯並びや噛み合わせを整えます。
したがって、歯を削ることなくきれいな歯並びが得られますので、生涯にわたって自然な歯を維持できることになります。

歯列矯正は、顎の骨に異常がない限り、年齢に関係なく治療が可能で、むしろ歯に対する意識の高まりとともに20才以上の成人矯正が盛んに行われています。

矯正装置の種類


メリットデメリット
メタル矯正費用が安い矯正していることが分かる
セラミック矯正装置が白っぽい(又は透明)の為、目立たない矯正していることが分かる
裏側矯正矯正装置が見えない料金が割高,慣れるまで話しにくい
コンビネーション(上が裏側/下が唇側)目立つ上の歯のみ、裏側矯正にできる料金がやや割高,慣れるまで話しにくい


歯列矯正の料金

種類価格
初診カウンセリング(簡単な検査含む)5,250円→ 今なら20周年価格 無料!
レントゲン・咬み合せ模型を採取し検査52,500円→ 今なら20周年価格 31,500円


唇側矯正(表側矯正) メタル装置価格
上下両方840,000円→ 今なら20周年価格 630,000円
上下どちらか420,000円→ 今なら20周年価格 315,000円
部分矯正420,000円→ 今なら20周年価格 315,000円


唇側矯正(表側矯正) 透明装置価格
上下両方945,000円→ 今なら20周年価格 735,000円
上下どちらか472,500円→ 今なら20周年価格 367,500円
部分矯正472,500円→ 今なら20周年価格 367,500円


舌側矯正(裏側矯正) リンガル装置価格
上下両方1,470,000円→ 今なら20周年価格 1,155,000円
上下どちらか735,000円→ 今なら20周年価格 577,500円
部分矯正735,000円→ 今なら20周年価格 577,500円


コンビネーション 上:舌側 下:唇側価格
上下両方1,260,000円→ 今なら20周年価格 945,000円


チェック料 毎月1回のみ価格
唇側(メタル・透明)5,250円
舌側7,350円


最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional